依存症には注意しましょう

クロチアゼパムを使用していました。その時の口コミです。

ダックスフンド(大阪府・女性・30歳)様の投稿です

私は今では考えられないほどにやんでいた時期がありました。数年前ですが今は回復してなんともありません。当時服用していたお薬はクロチアゼパムです。なぜ私がその薬に頼らなければいけなくなったかを書きたいと思います。

もともと私は几帳面な性格です。言われたことはきっちりしないと気が済まないしその上負けず嫌いの悔しがりやです。他の人がどうでも良いと適当に流すようなことでも私にとってはそうもいかず適当にはできません。
某販売店で営業をしていましたが、外資系のため実力重視の会社でした。年齢が上でも大した実績をだせなければすぐに給料は下がるし入りたてでも成績さえあげれば給料はどんどん上がり表彰されるような会社です。入社数年目の私はひょんなことから好成績をおさめてしまい、いっきに給料が跳ね上がりました。
そのこと自体はとても嬉しかったですし評価されているという実感で幸せでした。しかしそこからが地獄の日々の始まりでした。

上司からの期待はatui厚く、目をかけてもらっているぶん怒られることも多くなりました。常に成績をキープしなければならない強迫観念に追われだんだん体調にも不調が出始めました。
通勤電車の中で気分が悪くなり途中下車をする回数が増えすべてに対してマイナス思考でやる気もでないという状況が続き極度の緊張感で手はふるえ声もでなくなったりと仕事にも影響がでたため病院に行ったが原因不明で心療内科にいったところ不安神経症抑鬱障害と診断されクロチアゼパムを処方されました。

発作が起こりそうになったときにのむといっきに落ち着き緊張感もなくなりました。6時間は最低あけての服用でしたが発作がひどいときは勝手に2錠飲みました。結果、薬を飲まないと常に不安で休日まで薬なしでは近所のコンビニにもいけなくなりました。依存症になってしまい改善のためにも転職しました。
薬を飲むと副作用で眠くなり生活にも支障が大きかったです。転職して徐々に薬の量を減らしていき今ではなしでも大丈夫です。
今は2度と飲まなくて良いほど元気になれて良かったです。


ホーム サイトマップ